ベッド専門店でも取り扱うすのこのメリット

ベッドを購入する際、大きさと同じく最初に検討しなければいけない事柄が、どの素材で出来ているかということです。 それぞれ強度や特性が違うわけですから、どれを選ぶかによって生活スタイルにも影響してきます。重い頑丈な素材ならきしみやぐらつきが少なく、ベッドの下に収納を設けることも可能でしょう。逆に軽くて簡単に移動できる素材なら、掃除やメンテナンスがしやすいという利点があります。中には防カビ・防腐加工が施され、長持ちすることを重要視する方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、専門店でも取り扱うすのこを使ったものです。お店で簡単に手に入り、日常の様々な場面で使われる素材だからといって甘く見てはいけません。 毎日使う寝具にも用いたくなるようなメリットがたくさんあるのです。

湿気を逃し、カビを防いでくれる

人間は眠っている間でも毎日コップ一杯分ほどの汗をかくといわれています。その寝汗は当然、上下の寝具に吸い込まれ、さらにはその下のベッドへと伝っていきます。 すのこ以外の素材で作られたものの多くは、床との境に隙間が少なく、そうした湿気などが滞留しやすい環境にあります。湿気がこもった場所ではカビが繁殖しやすく、気づいたときには修復不可能なレベルにまで広がってしまうこともあります。それを避けるためには通気性のよい環境を作らねばなりません。大型寝具や家具だと動かしてメンテナンスを行うことは難しく、それ自体の通気性がよいことが一番簡単な対策になります。 すのこなら床との間に隙間を作ってくれるだけでなく、構造上、マットレスや布団と接する板も隙間をあけつつ等間隔で打ち付けられているため、抜群の通気性を誇ります。

掃除がしやすく、布団干しができるものもある

床との隙間があり湿気を逃しやすい構造は、掃除がしやすいことにも繋がります。 掃除機のヘッドやフローリングワイパーを下に入れて掃除をすることが楽です。また、メンテナンスで欠かせないのが干すという作業。カビやダニの害から布団やマットレスを守るためには定期的に干すべきでしょう。すのこを使ったもののの中には、中央でくの字に折り曲げることができ、そのまま室内干しができるタイプもあります。 干すことの他にも、折り曲げができることは不必要な時に省スペース化が可能だというメリットもあります。一人暮らしなど、部屋の中に限られたスペースしか無い場合におすすめです。すのこタイプは専門店でも取り扱われているので、探す際にはそうした便利機能から検索してみるのもよいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加